何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

記憶がないほど酔った人が家に帰れるのはどうしてなのか?:さまぁ〜ずの神ギ問【2017/08/12】

記憶がないほど酔った人が家に帰れるのはどうしてなのか?」を検証していました。

街の人に話を聞いてみると、「記憶をなくしたが自宅に帰れたという人」が100人中94人でした。

しかし、本当に帰れるのでしょうか?、ある30代女性で検証。

ビール(1杯)、レモンサワー(2〜3杯目)日本酒スパークリング2本(4〜9杯目)、白ワイン(10〜14杯目)、レモンサワー(15杯目)を飲んだ後、自宅へ向かいました。

タクシーを捕まえ、場所を伝えて、走ること20分。

自宅付近で降りて、酔っ払って千鳥足になりながらも、立ち止まることなく5分間歩き続け無事帰宅しました。

次の日、酔っ払った前日の記憶があるのかをその女性に確認。

2本目の日本酒スパークリングを飲んで以降は覚えていなかったそうです。

記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?

記憶がなくなるまで飲んでも、なぜ家にたどり着けるのか?

しかし、なぜ記憶がなくなるほど酔っ払っているのに、自分の家に帰ってこれるのでしょうか?

東京医科歯科大学の泰羅雅登 教授によると、

脳の中にはお酒に「弱い部分」と「強い部分」がある。記憶を作る場所は「海馬」が関係しているが、そこはお酒やアルコールに弱い部分。記憶を失くすというが実際には失くしているのではなくて、お酒が回ると海馬が麻痺し、新しい記憶を作れなくなる。 逆に「頭頂葉」はお酒に強く、その中に「ナビゲーション・ニューロン」というカーナビの役割をする神経細胞がある。 だから、新しい記憶はできてないのだけども、風景の記憶を元に行き先を自動案内して連れて行ってくれる。

とのこと。

つまり、

お酒が入り新しい記憶が作れなくなっても、帰る意思さえあれば、お酒に強い頭頂葉のナビゲーション・ニューロンが記憶している目的地の経路を呼び起こし、カーナビのようにこの風景なら右、この風景なら左と、勝手に体に指示し案内してくれる。

ということです。

では、もし、引っ越し直後であれば、前の家に戻ってしまうのでしょうか?

泰羅 教授によると、

引越し後一週間も経てば、新しいルートがセットされるが、引越し後1日などであれば前の家に帰ってしまうこともあるかもしれない。

ということでした。

酔っている時にやってしまう行動とその原因