ピクサーでは「不気味の谷」をなくしてきた歴史をもつ、中途半端なリアルさには注意が必要:林先生が驚く初耳学【2016/03/13】

不気味の谷とは、 キャラクターを表現する時のミスのこと。 中途半端なリアルさが、最も不気味で、一番嫌われるそうです。 ある点を境に、「親しみ」から「不気味」へと印象が変化する現象のこと。 このことを検証するために、林先生の3枚の人物絵のうちどれが、一番親しみを感じないか街頭インタビューしました。 1.リ…