何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

ファウルボールで失明、球団側へ4千万の支払い命令

ファウルボールで失明した人に、損害賠償金4190万円の支払い命令が出ました。

球団側は「観客は打球に注意しさえすればファウルボールの直撃を回避できる」と言っていたそうです。 いったい何を言ってるんですか?という感じです。
そんなことを観客に求めてはいけません。

球団側としては、ファウルボールに対して、以下のことをしているので問題ないというでしょう。

観客の危険の承認 (承認しないと観戦できない)
注意喚起(オーロラビジョンにおける警告、場内アナウンスにおける警告、看板の設置 他)
防球ネットの設置 (全部にあるわけではない)

しかしながら、
ピッチャーが投げるボールが百数十キロのスピードで投げているんですよ。
選手だってデッドボールなど、ボールが当たって骨折とかする時がありますよね。

更にその投げられたボールを弾き返しているので、そのスピードが数倍にもなって返ってくることもあるんですよ。 それにどこに飛んでくるかもわからない。
だから、全部の球を注意しきれるものでもないです。

球団側には、応援してもらっている観客にケガを負わせないような設備にしてほしいと思います。

バッティングセンター