何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

目の色を変える手術が可能になる!

↓アメリカの企業の話ですが、目の色を変える手術を可能にしたそうです。

目の色を変えたい時に、よくカラーコンタクトを使用します。
このカラコンを使用しなくても、目の色そのものを変えられるそうです。

どんな手術?

目の色は、虹彩(こうさい)の表層にある「メラニン色素の量」で決まります。 このメラニン色素をレーザーで焼いて、茶色から青色にするということです。

手術費用は?

費用は5,000ドル(約60万円)

手術時間は?

20秒程度で済む手術をした後、2週間後には目が青くなる。

レーシックとの違い

レーシック・・・角膜(眼球表面)にレーザーを当てる
色変え手術・・・眼球内部までレーザー照射をする (安全性に疑問視の声?)

目の色の種類

もう少し目の色について、調べてみました。

目の色を構成する色素は3つ『ブラウン』『イエロー』『ブルー』に分類でき、各色の混合率が個体の目の色を決定します。

ブラウン(濃褐色)
ヘーゼル(淡褐色)
アンバー(琥珀色)
グリーン(緑色)
グレー(灰色)
ブルー(青色)
ヴァイオレット(青紫色)[極稀]
レッド(赤色)[極稀]

左右の目の色が違うことを「虹彩異色症」といいます。


日本人でも青色の瞳を持てたり、好きな色を選べたりする日がくるかもしれないですね。

生物の科学遺伝 63ー5 特集:ヒトの皮膚・眼の色の遺伝学