何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

教員資格の国家免許 と 私立大学の授業料

教員資格が国家免許になる

↓教員資格が国家免許になりそうです。
http://www.asahi.com/articles/ASH5D33GKH5DUTFK006.html

教員免許を国家による免許とする提言をまとめた。現在は大学の教員養成課程を修了すれば、大学のある都道府県の教育委員会が免許を与えている。提言は、課程修了後に全国共通の国家試験を課して、国が免許を与える仕組みを念頭に置いている。

ということです。

これは大きい変更ですね。国が資格を与えるとなると、教員のお給料も上がりそうですね。

国の免許制にするということなので、車の免許みたいに免許の更新制度が導入されたりするのでしょうか。

私立大学の授業料が安くなる?!

↓もう一つ気になったのが以下の提言内容。

教育格差をなくすため、年収500万円以下の世帯や子どもが多い世帯の子どもが私立大学で学ぶ場合、授業料を国立大学と同等とすることなども盛り込んだ。

これはすごいですね、私立の大学では、年間の授業料が多いところで100万円近くかかる大学もあるので、それが国立大学の約50万円、半分くらいになるなんていいですね。

これが実施されれば、確かに教育格差はなくなりそうです。大学へ行くのを諦めていた人とか、奨学金を受けて大学に通うことを考えると、家計がとても助かりそうですね。

関連記事

国立大学法人評価委員会 大学共同利用機関法人分科会 業務及び財務等審議専門部会(第1回)議事録・配付資料 [資料5] 国立大学と私立大学の授業料等の推移−文部科学省

小学校教員資格認定試験 (教員採用試験シリーズ)

小学校教員資格認定試験 (教員採用試験シリーズ)