何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

ネウボラ - フィンランド式子育てワンストップ支援

新米ママは不安でいっぱい

妊娠、出産、子育て。
新米ママには子供の成長と共に様々な不安が訪れます。

例えば・・・

・出産の前には陣痛がこわいという不安
・出産後には赤ちゃんがなかなか泣き止まないという不安
・子育て中には自分がしている子育てが正しいのかという不安

などがあります。

日本ではこういった不安を誰にも相談できずに1人で抱え込んでしまう母親も少なからずいるということです。

日本にも各自治体に健康保健所があり、定期検診などで、育児の相談ができるようにはなっていますが、いまいち詳しく聞きたい話が聞けないということも多々あります。

ネウボラとは?

北欧の子育て大国のフィンランドでは「ネウボラ」という子育て支援システムがあるらしいです。

子供を妊娠してから、小学校に上がるまでの間、1人のスタッフが1人のママを支援し続けてくれるというもの

日本でもこの仕組を取り入れようとしています。

ネウボラとは、ネウボ(相談する)・ラ(場所)という相談する場所という意味です。

フィンランド式子育てワンストップ支援

フィンランドのネウボラは、1人の子供に1人の「ネウボラおばさん」と呼ばれる保健師が、子育てに関する日々の悩みから定期健診まで、子供が6歳になるまでの間、ワンストップで支援するのが特徴です。
 
妊娠の疑いがある時に、日本では病院に行くが、フィンランドではネウボラに行きます。
 
すべてのサービスが無料で、全国民の99%が利用しているとのことです。
1人のネウボラおばさんが100家族ほどをケアしています。

日本でも既に取り入れているところがある

東京都文京区版ネウボラ事業も始まっています。

ネウボラおばさんではなく、母子保健コーディネーターが産後までケアを行うシステムになっています。

ネウボラは、日本で受け入れられるか?

事業の財源の問題もあります。

フィンランド 消費税24%
日本 消費税10%(予定)

日本とフィンランドで、消費税率も違うので、財源を確保することが必要になります。 日本では人手も足りないでしょうね。1人に対して100家族よりも多くの数を見ないといけないのではないでしょうか。

時代によって子育ても変わる

身近な育児の先輩でもある母親に、育児の相談をする人も多いと思いますが、 育てる時代が違うために、状況が変わっていることって多いんですよね。

・抱き癖がつくから抱っこしない
・子どもは泣いて育つ
・ご近所さんに育ててもらう

など、昔は普通のことでも、今の子育てとしては、抵抗感があるという人もいると思います。 今はどうなのかという詳細な情報が欲しいですよね。

ですので、もしネウボラが始まるとしたら、 そのスタッフの中には昔、子育てをしたという方もいるとは思いますが、今の子育てを経験した状態でアドバイスをお願いしたいですね。

安心・平等・社会の育み フィンランドの子育てと保育

安心・平等・社会の育み フィンランドの子育てと保育

  • 作者: 藤井ニエメラみどり,高橋睦子,全国私立保育園連盟保育国際交流運営委員会
  • 出版社/メーカー: 明石書店
  • 発売日: 2007/06/26
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 10回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る