何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

スペアとストック

スペアとストックって言葉は、なんとなく意味合いが似てますね。

どちらの単語を使っていいか悩む時があります。 どちらも代わりになったり、緊急時に使用するようなイメージがありますね。

ネットで調べてみると、以下のような違いがありました。

スペア(spare) 予備の物
ストック(stock) 在庫品

数で言い方が変わる?

私たちが日頃よく使う消耗品

洗濯洗剤や柔軟剤、台所洗剤、お風呂洗剤、キッチンペーパー、ゴミ袋・・・

例えば、これらを予備にもう1つ買い置きしておくとすると、これはスペアということになりますし、 たくさん置いてあると、在庫という意味合いになってストックとなりそうですね。

数が2つと3つ以上で、言い方が変わってくるのでしょうか。

所持者の規模よって変わってくる?

物を所持している人が個人か、大規模店かでも変わってくるような気もします。
ある商品があったとして、それを売る店側からすると商品がたくさん残っていればそれはストック(在庫品)という言い方になりますし。

物によって変わってくる?

家の鍵を作る時はスペアキーって言いますよね。ストックキーとは言いませんし。 自転車の部品もスペアと言う気がしますし、これはあまり数を持たないからでしょうか。 たくさんスペアキーを作ると、キーをストックしているということになるのでしょうか。

結局・・・

なんとなく数の違いのような気はしますね。

どちらの単語を使わないといけないということはなさそうです。 こういう似た言葉って他にもあるのではないでしょうか。