何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

大阪都構想否決後、大阪市営地下鉄民営化はどうなるのか?

大阪都構想が否決されたことによって、大阪市営地下鉄民営化はどうなるのか?というのをテレビで放送していました。

大阪市営地下鉄とは?

・大阪市交通局が運営
・1日の乗降客数は240万人
・従業員5,500人
・売上 1,557億円
・経常利益 303億円(2013年決算から)

大阪市営地下鉄の経営

・2003年 経常利益が黒字になる
・2010年 それまでの赤字を完済する
・2013年 経常利益 303億円
・2014年 経常利益 約340億円

利益が上がってきている

民営化するためには?

大阪市議会で、3分の2以上の賛成が必要。(既に2回否決されている)

橋下市長は民営化をすすめていたので、それに対して反対するということもあったので、もしかしたら今後、民営化に賛成も増えてくるかもしれない。

民営化に向けたサービスの向上は既にされている

・あいさつの徹底(これは当たり前な気がしますが・・・)
・トイレがきれいになった(駅の美化)
・ホームの売店がコンビニが出店している
・終発時間延長、初乗り運賃値下げ
・案内板のデザインを見やすくする

各路線の売上

路線 収入(百万円) 利益 100円稼ぐための費用
御堂筋線 66,838 37,417 44円
谷町線 28,983 6,584 77円
四つ橋線 10,916 1,458 87円
中央線 16,779 6,128 64円
千日前線 6,808 -2,505 137円
堺筋線 12,065 2,285 81円
長堀鶴見緑地線 7,238 -3,582 150円
今里筋線 3162 -4,575 245円
南港ポートタウン線 2,915 -1,016 135円

市営のままのデメリット

・議員による政治利用などで、採算度外視の路線がさらに生まれる可能性もある
・備品一つかえるにしても入札を行うなどスピード感にかける
・大阪府全体よりも、市のメリットを優先する方針にならざるを得ない

市営バスが問題

同じ大阪市交通局が市営バスを運営している

1日20万人が利用
売上金123億円(2013年決算から)
31年ぶりに4億円の経常利益

バスも経常利益がやっと黒字になりましたが、累積欠損金は593億円あります。

今後の方針は?

・地下鉄とバスは切り離して、バスは市の外郭団体の「大阪シティバス」に譲渡する方針
・負債は資産を切り崩して返済予定

今後どうなるのか?

大阪都構想の否決によって橋下市長がいなくなった後、地下鉄民営化が進むのか。今後注目ですね。

プラレール ライト付大阪市営地下鉄御堂筋線21系

プラレール ライト付大阪市営地下鉄御堂筋線21系