何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

6月1日からの道路交通法改正 - 自転車はどう変わる?

平成27年6月1日から道路交通法が変わりますね。

↓全日本交通安全協会
道路交通法の改正のポイント - 一般財団法人 全日本交通安全協会

自転車に関する大きなポイントとしては、

自転車の運転による交通の危険を防止するための講習に関する規定の整備
 
一定の危険な違反行為をして2回以上摘発された自転車運転者(悪質自転車運転者)は、公安委員会の命令を受けてから3ヵ月以内の指定された期間内に講習を受けなければいけません。
公安委員会による受講命令に従わなかった場合、5万円以下の罰金になります。
 
[2015/06/01 追記]
講習の受講
講習時間 3時間
講習手数料 5,700円

ということです。

一定の危険な違反行為2回以上で、講習もしくは罰金というのは、自転車の危険性をいかに重く見ているかということがわかります。
[2015/05/29 追記]:刑事罰の対象となる14歳以上の運転者が3年以内に2回以上の摘発の場合ということです。

危険行為とは?

信号無視
遮断機の下りた踏切への立ち入り
酒酔い運転
ブレーキのない自転車の運転
携帯電話や傘を使用しながらの運転  など

自転車は以前までは免許がなくても簡単に乗れる便利な乗り物という感じでしたが、今では車と同様に危険な乗り物だという認識に近づいてきましたね。 もうここまできたら、自転車にもナンバープレートを義務付けてしまえばいいと思います。 そうすれば、人の目や監視カメラがあるので、危険な運転もだいぶ減ると思いますよ。

今回の道路交通法が変わることを機に、通勤ラッシュ時などに、暴走している自転車たちが、安全に走ってくれることを祈ります。

関連記事