何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

松方弘樹が361キロのクロマグロを釣った

↓松方弘樹が大きいクロマグロを釣ったニュースが流れていますね。

クロマグロを釣った状況は?

・52フィート(15.8m)の船を10日間ほどチャーターして、 初日の26日の午後7時過ぎにヒットし6時間の格闘の末、松方弘樹が1人で釣ったということです。

基本は、朝7時に出発し、夕方17時までということですが、 19時にヒットしたということはかなり粘ったみたいですね。

エサは何を使った?

エサはカツオ だった 。
途中でカツオを釣っていて、それを食べようとしていたところをエサにしたそうです。
エビでタイを釣るみたいに、カツオでマグロを釣るのが定番になりそうですね。

釣った人は魚を売ったらいくら貰えるのか?

釣ったマグロは、港で冷凍保存され東京の築地へ。

儲けは釣った人(松方)と船主で折半することになるそうです。 あと、漁協と市場から手数料が数%引かれます。

クロマグロは誰が落札した?

↓このマグロを落札したのは「すしざんまい」みたいですね。
http://www.asahi.com/articles/ASH5Z3HX2H5ZUTIL00L.html

すしざんまいは、
金額が1億5千万円もする大間のマグロを落札したことがありましたし、
新築地市場の豊洲を辞退した件もありますし、
今回のマグロの件と、本当に、話題をことかかないですね。

ちなみに、マグロハンターになるには費用はいくらかかるの?

必要なもの
・40フィート以上の船・・・4000万円
・係留代・・・年間200〜1000万円
・燃料代・・・1日3〜4万円(チャーター船なら 1日6〜10万円)
・竿とリール・・・セットで100万円
(・餌のカツオを釣る技術 )

素人が手を出せる金額ではないですね。
マグロを釣るのが本当に好きで、お金持ちの人しかハンターにはなれないですね。
もしくは全く逆で、マグロ漁船で働くか・・・。

哀愁のヒットマン [DVD]

哀愁のヒットマン [DVD]

関連記事