何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

“憲法9条” 今年もノーベル平和賞候補に

↓今年も、日本の“憲法9条” が、ノーベル平和賞候補にあがりました。
https://www.youtube.com/watch?v=RgUtiLo1hjc

去年も候補にあがりましたが、残念ながら受賞できませんでした。

去年の2014年にノーベル平和賞を受賞したのは、
・女性教育の権利を訴えるパキスタンのマララ・ユスフザイさん(17)
・インドの児童労働問題に取り組んでいるカイラシュ・サティヤルティさん(60)
でした。

マララさんは有名ですね。どちらの方も文句なしの受賞だと思います。
もし、“憲法9条” が受賞したらそれは、日本国民全員が受賞することになるという話もありました。

去年はそんなにこの話を意識していなかったのですが、 今年はわけが違います。

今の日本政府は、自衛隊を国防軍にしようとしていたり、自ら戦争に参加できるような法律に変えようとしたりしているので、 このタイミングで平和賞の候補に上がっているは偶然なのかな?と思ってしまいます。

受賞して、“憲法9条”の法改正に関して、もっと話し合いが必要になるような状態にしてほしいです。

わたしはマララ: 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

わたしはマララ: 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

  • 作者: マララ・ユスフザイ,クリスティーナ・ラム,金原瑞人,西田佳子
  • 出版社/メーカー: 学研マーケティング
  • 発売日: 2013/12/03
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (18件) を見る

ノーベル平和賞で世の中がわかる

ノーベル平和賞で世の中がわかる