何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

Google、Gmailで『送信取り消し』に対応

↓Gmailで、『送信取り消し』が対応されたようです。

Gmailで、メールを書いて、送信ボタンを押した瞬間に、「あっ!間違ってメールを送ってしまった!」ということってよくありますよね。

これをキャンセルできるようにするというものです。

Google が Gmail の標準機能として『送信取り消し』を導入しました。設定により、送信ボタンを押してから最大で30秒は送信をキャンセルできる機能です。

何もしないで対応されたというわけではなく、取り消すことが可能な時間を設定できるようになったというものですね。

あまり設定時間が長すぎると、メールを送る時間が遅くなるので、いい感じのタイミングを設定したいところですね。

Gmailの設定 > 全般 > 送信取り消し の項目から、送信取り消しの有効な時間を5秒、10秒、20秒、30秒の中から選べます。  
そして、メールを送信した後に、設定した時間内に「取り消し」を押すと書いたメールが下書きに戻ります。

ちょっとした変更に見えますが、この機能で助かる人はけっこういるのではないでしょうか。

仕事で使える!Gmail クラウドメール徹底活用術 (仕事で使える!シリーズ(NextPublishing))

仕事で使える!Gmail クラウドメール徹底活用術 (仕事で使える!シリーズ(NextPublishing))

メールの超プロが教えるGmail仕事術

メールの超プロが教えるGmail仕事術