何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

逃げる目覚まし時計

↓走り回って逃げる目覚まし時計があるそうです。

目覚まし時計をセットする時って、なかなか起きれない時のために、スヌーズ機能を使ったり、徐々に音量が上がるようにしたりすることがありますよね。

しかし、それを寝ぼけて、無意識に目覚ましを止めたりして、後で寝過ごした―っということがよくあります。

そこで登場するのが、この「Clocky(クロッキー)」。

アラームが鳴る度に、付属のタイヤがくるくる回っていろんな場所に転がっていきます。

朝、起きる度に回収しないといけないので、仕方なく起きてしまうかもしれません。

手の届かない所に目覚まし時計をセットすればいいのではないかとも思いましたが、このかわいいデザインで愛嬌のあるところがいいですね。

NANDACLOCKY (ナンダクロッキー) アラームクロック 目覚まし時計 クロム

NANDACLOCKY (ナンダクロッキー) アラームクロック 目覚まし時計 クロム

 
↓逃げるといえば、こちらの時計はプロペラが付いているので、時計ごと飛んで行ってしまうのかと思いましたが、そうではないようです。
フライングアラームクロック (空飛ぶ目覚まし時計)

フライングアラームクロック (空飛ぶ目覚まし時計)

この商品のレビューに「プロペラが全く飛ばず・・」とか、「プロペラが飛ぶまで時間がかかり、」とあるので、プロペラだけが飛ぶみたいですね。 時計がドラえもんのタケコプターを付けたように飛んでいったら面白そうですが、そうすると人にも危険だし、すぐに壊れてしまいますよね。