何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

吊るされた男、スナフキン

家に小さい子供がいるので、ムーミンのモビールを天井からぶら下げているのですが、1人だけ何やら様子が変です。

そう、その1人とはスナフキン。タロットカードの吊るされた男のように逆さまになっています。 ちょうど足のところがフック代わりになって吊っている糸が引っかかっているようです。 誰かが意図してやったわけではなくいつのまにかこの状態になっていました。

背後からも写真を撮ってみます。

ちなみに、吊るされた男の両足はクロスしているものが多いのですね。

吊るされた男は一見、悪い意味のカードなのではないかという印象がありますが実は違います。このカードには忍耐強く試練に耐え、妥協せずに努力する。現実を直視する、さらには献身などの意味があります。この吊られた男は無理やり吊るされたのではなく、自ら進んで吊るされているのです。周りの人々のために自己犠牲が尊いということを表しているため、吊るされていても苦痛の表情で描かれていません。さらには頭の後ろに後光が輝いていることから、新たなる発想が浮かんだり、この状況が大切であることを暗示しています。 つまり、試練に耐えてこそ新しい発想が生まれ誰かのために考え行動することで道が開け、周囲の人へ良い影響を与えることができることを暗示しています。
[参考文献] 吊るされた男-The Hanged Man-の意味|タロットの世界 より。

この吊られた男は無理やり吊るされたのではなく、自ら進んで吊るされているのです」これは知らなかった!なんとなくスナフキンに似合っているような気がします。