何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

LINEのバグを探して見つけたら最大250万円もらえるらしい

↓LINEのバグを見つけたら、最大250万円もらえるらしいです。
http://news.biglobe.ne.jp/it/0807/giz_150807_8737457832.html

日本で爆発的な人気を誇っているメッセージアプリの「LINE」は、この脆弱性に対して新たなアプローチで挑みはじめました。脆弱性の一般公募を始めたのです。同社では今まで専門部隊や内外の専門家の協力で脆弱性の発見に努めてきたとのこと。そしてそれでも見つけられないような脆弱性を一般の人々に発見してもらおうということで募集を始めたのです。  
この「LINE Bug Bounty Program」では脆弱性を発見した人にはその内容に応じて500ドル(約6万円)から最大2万ドル(約250万円)の報奨金が支払われるとのこと。いくつ見つけてもいいわけですからLINEもなかなか太っ腹です。公募期間は8月24日〜9月23日の1カ月間。発見した脆弱性に対してはLINE側で審査があり、認められれば報奨金が支払われるという形のようです。

これはいいデバッグ手法ですね。企業側としては、デバッガーに高い給料を出すよりも、もしかしたらコストダウンできるかもしれません。

さらに、デバッグしてもらえる人の絶対数が多いので、特殊なバグも見つかる可能性が高いと思われます。

普段、モバイルアプリのデバッグや検証をしている方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

Line Status