何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

甲子園の高校野球を見てていまいちよくわからない「ルール」と「用語」

振り逃げ

振り逃げはとは、捕手が第3ストライクが宣告された投球を正規に捕球できなかった場合に、三振で直ちにアウトになることを免れた打者が一塁への進塁を試みるプレイを指す俗称である。

振り逃げは、次の条件を全て満たしている場合試みることができる。

・第3ストライクの投球を、捕手が正規に捕球しなかった。
・一塁に走者がいない。または、一塁に走者がいてもアウトカウントが二死である。
・打者が走塁を放棄していない。

バント

「バットをスイングしないで、内野をゆるく転がるように意識的にミートした打球」

送りバント・犠牲バント

打者がアウトになる代わりに、走者を進塁させることを目的としたバント

送りセーフティバント

自分もセーフになろうとする。ヒッティングのかまえから投球動作後にバントのかまえ

スクイズ

三塁に走者がある場合にバントを行って走者を得点させようとする攻撃側のプレイ

スリーバント失敗

2ストライク後、バントの構えながらバットにボールが当たらない、あるいはファールになった場合は、ボールデッドで打者は三振・アウトとなる

ヒットエンドラン

投球と同時に走者が次の塁へスタートし、打者はその投球を打ち進塁を狙う戦術

ボーク

投手の投球や塁への送球における反則行為である。

・投手板に触れている投手が・・・
・投球に関連する動作を起こしながら、投球を中止した場合。
・塁に送球するまねだけして、実際に送球しなかった場合。
・塁に送球する前に、足を直接その塁の方向に踏み出さなかった場合。
・走者のいない塁へ送球したり、送球するまねをした場合。
・故意であろうと偶然であろうと、ボールを落とした場合。

・投手がセットポジションから投球するにさいして、完全に静止しないで投球した場合。
・投手が不必要に試合を遅延させた場合。 などなど。

球種一覧

ストレート:真っ直ぐ
 
カーブ:投手の利き腕と反対の方向に曲がりながら落ちる球種
スライダー:投手の利き腕と反対の方向に滑る(スライドする)ように曲がる球種
シンカー(or スクリューボール):投手の利き腕方向に曲がりながら落ちる球種
シュート:投手の利き腕方向に曲がる球種
 
カットボール:ボールを切る(カットする)様に投げ、速い球速で小さく変化する球種
フォークボール:人差し指と中指の間にボールを挟んで投げ、縦に落ちる球種
スプリット(スプリットフィンガード):フォークよりも浅く挟んで投げ、速い球速で縦に落ちる球種
パームボール:手の平(パーム)で押し出すように投げ、縦に落ちる球種
ナックルボール:ボールに指を突き立てて投げ、ほぼ無回転で不規則に揺れながら落ちる球種
 
チェンジアップ:同じ腕の振りで投げる遅い球
スローボール:非常に遅い速度で、山なりの軌道を描く球
 
ジャイロボール:ボールの進行方向に回転軸が向いているのが特徴

インフィールドフライ

インフィールドフライとは?

無死または一死で走者が一・二塁または満塁の時、打者がフェアの飛球(ライナー及びバントによる飛球を除く)を打ち上げた際に、それを内野手が普通の守備行為を行えば捕球できる場合に適用される規則である。
審判員によってインフィールドフライが宣告されると、ボールが捕球されたかどうかに関わらず、その時点で当該打者はアウトになる。
ただしファウルボールになった場合はインフィールドフライにはならない。

インフィールドフライは高校野球でも過去にあったようです。
しかもサヨナラの状況で。

プロ野球でも以前に同じようなことが起こっています。


選手は、ルールと用語を頭の中にしっかりと入れておかないといけませんね。