何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

紀伊國屋書店 が村上春樹の『職業としての小説家』の初版本をほぼ買占め

↓紀伊國屋書店 が村上春樹の『職業としての小説家』の初版本をほぼ買占め状態にするでそうです。

株式会社紀伊國屋書店(代表取締役社長 高井昌史)は、株式会社スイッチ・パブリッシング(代表取締役社長 新井敏記)が刊行する村上春樹『職業としての小説家』初刷り10万冊の内、9万冊を買切り、自社店舗および取次店を介して全国の各書店において、9月10日(木)から販売を開始します。
 
初刷りの大半を国内書店で販売することで、ネット書店に対抗し、出版流通市場の活性化に向けて、具体的な一歩を踏み出します。

村上春樹『職業としての小説家』(スイッチ・パブリッシング刊)初刷9万冊を買切、全国の書店で発売 | 本の「今」がわかる 紀伊國屋書店

買い切りとは?
・全部を買い占めること。
・小売店が返品しない約束で品物を製造元・問屋などから買い取ること。

ネット書店に対抗」とありますが、主にAmazonへの対抗措置というところでしょうか。
こういうケースは独占禁止法に当たらないのですかね?