何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

Macで撮るキャプチャ画像名についている日付のフォーマットを変える方法

Macで、どうしてもキャプチャしたファイル画像名を変えたかったので、調べてみました。

↓今回やりたいこと、保存された時のファイル名を変えたい

スクリーンショット 2015-08-26 21.41.51.png (←変更前)
↓↓↓
20150826_214151.png (←変更後)

スクリーンショットという接頭語を変えたい場合

『スクリーンショット』という文字を消したい場合や、短く変えたい場合は、以下をターミナルで実行します。

『SS』に変える場合
defaults write com.apple.screencapture name "SS"
 
何も付けたくない場合
defaults write com.apple.screencapture name ""

↓参考サイト

日付を入れたくない場合

日付を消したい場合は、以下をターミナルで実行します。

日付を削除する場合
defaults write com.apple.screencapture include-date -bool false
 
元に戻す場合
defaults delete com.apple.screencapture include-date

日付のフォーマットを変えたい場合

自分が一番したかったのがこれなのですが、日付を入れつつもそのフォーマットを変えたかったんです。その方法です。

Automator を使って、以下のスクリプトを保存します。(ユーザーアカウントのライブラリの中の『Services』フォルダに『test1.workflow』で保存します。)

on run {input, parameters}
    try
        do shell script "f=\"${HOME}/Desktop/`date '+%Y%m%d_%H%M%S'`.png\";screencapture -s $f;"
    on error errMsg 
    end try
    return input
end run

さらにこれをショートカットで実行させるようにします。

システム環境設定 → キーボード → ショートカット → 『サービス』 という項目を開きます。

すると、その中の『一般』という項目の中に、先ほど保存した『Services』フォルダの中の 『test1.workflow』 に付けた名前が表示されています。 これにチェックを入れて、その右側のショートカットキーを設定します。

このショートカットキーを押すだけで、自分の好きなようにファイル名を変えることができます。

今回は、ファイル名の変更だけだったのですが、間に画像のリサイズなども入れられるので、ボタン1つでいろいろできると思います。

↓参考サイト
ザリガニが見ていた...。

http://sakuro.tumblr.com/post/15283952343