何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

第27回 世界野球ソフトボール連盟(WBSC) U-18 ワールドカップ決勝で日本敗れる

↓WBSC U-18 ワールドカップ 1点が重いすごく接戦したいい試合でした。

決勝戦は、アメリカ(2点) 対 日本(1点)。その差わずか1点差。

それにしても、日本の攻撃では、一か八かのきわどいプレイの時に、ことごとく裏目に出てしまった試合でした。

・オコエが一塁から離れている時に、ピッチャーが投球フォームに入ってから一塁にボールを投げるというボーク的なけん制球で刺されてしまう。
 
・米がワイルドピッチ気味のところを、三塁にいた篠原が果敢にホームを狙うもタッチアウト。
 
・満塁、バッターボックスに平沢で、一塁強襲の打球でピッチャー・プラットとの競争。平沢、ヘッドスライディングを見せるが、わずかに及ばずアウトの判定。

8回辺りから応援で「日本コール」が起こっていましたが、1点を追う展開だったので、高校球児たちには逆にプレッシャーとなってしまったんじゃないでしょうか。