何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

車のハッキングで遠隔自動操縦する実験が成功してしまう

↓車のハッキングで遠隔自動操縦する実験が成功してしまったそうです。
http://www.asahi.com/articles/ASH974WJ8H97ULFA014.html

走行中の車を遠隔操作で「乗っ取る」実験がネット上で公開された直後、米国では自動車大手が大規模リコール(回収・無償修理)に踏み切った。
 
米国の高速道路を走る車で、運転手が何もしないのに突然ラジオが大音量で流れ、ワイパーが作動した。エアコンの電源も入り、エンジンが切られて車は急に減速。運転手はハッキングの実験だとわかりつつも、パニックに陥った。
 
ITなどの米専門誌ワイアードが、情報セキュリティーの専門家である米国の著名ハッカー2人に頼んだ実験が7月、ネット上で公開されて話題を呼んだ。車から数キロ離れた場所にいたハッカーは、手元のノートパソコンから車の制御システムに入り、遠隔操作した。

最近、自動運転が可能な車が続々と登場してきています。
これは、人の運転の不正確さを省き、機械による安全運転を実現させるためのものだと言っていいと思います。

それがインターネットに接続している車がハッキングを受けて、安全性が失われてしまうということになってしまえば、元も子もないので、
「自動運転+ネットワーク」というものをもう一度見直さないといけませんね。

もし世界中の車を一度に操れるハッカーが現れたりとかしたらと思うと、ゾッとしますね。