何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

納骨できない人が増えている

↓納骨できずに、遺骨を放置する人が増えているようですね。

火葬した後、墓に納骨せず遺骨を「置き去り」にする事例が増加している。神社や寺院の境内、駐車場、電車内などに遺骨が放置され、警察に落とし物として処理される件数がここ数年で増加傾向にある。

では、どうすればいいのか?

納骨、埋葬をするのが一般的です。

でも、それができないから放置しているということなので、「散骨」という方法もありますが・・・、

散骨とは・・・
一般には、故人の遺体を火葬した後の焼骨を粉末状にした後、海、空、山中等でそのまま撒く葬送方法をいう。

散骨が陸地で行われることについては、周辺住民等との間でトラブルとなることもある。海や空で行われることについては問題となることはほとんどないが、港湾や漁場・養殖場のある場所は避けたほうがいい。

散骨は、刑法190条に違反する?

散骨が刑法190条の規定する死体(遺骨)遺棄罪に該当するかについて、法務省の見解(非公式)では、散骨が節度をもって行われる限りは違法性はないとしている。ただし、容認しているわけではない。

グレーゾーンですね。少なくとも遺骨を箱に入れて、そのまま放置するのは駄目みたいですね。

関連記事