何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

アメリカでは携帯電話が禁止の町がある:林先生が驚く初耳学

アメリカのウエストバージニア州にある、グリーンバンクという人口150人の町には、世界最大級の電波望遠鏡があるそうです。

電波を出す機器の使用禁止

グリーンバンクでは、電波・電磁波を出す機器が禁止されている

・携帯電話
・電子レンジ (原則使用禁止だが、電波を遮断できる鉄の箱に入れて使用する分にはOK)
・ガソリン車 (エンジンをかける際に電磁波が発生するのでNG、点火プラグのないディーゼル車はOK)
・デジタルカメラ(フィルムカメラはOK)

なぜ禁止なのか?

グリーンバンクには、電波を使って宇宙の観測をする世界最高峰の望遠鏡がある
宇宙にある電波をキャッチして今まで見えなかった星の観測が出来る

グリーンバンクは、1958年から国指定の電波規制地区であり、
アメリカの宇宙観測の一大拠点。

観測の妨害となるので、電磁波が厳しく規制されている。

世界最大級の電波望遠鏡がある

グリーンバンクには、世界最大級の電波望遠鏡があります。

高さ:150m
パラボラ幅:100m
可動式としては、世界最大の電波望遠鏡

どのようなことが行われているのか?

グリーンバンク電波望遠鏡では、どのようなことが行われているのか?

・何万光年も離れた星の誕生を探知
・目には見えないブラックホールの研究
・人工電波を探知し、地球外生命体を探すプロジェクトを始動

ブレイクスルー・リスンプロジェクト
10年計画、約124億円規模の宇宙探索も行われている

健康問題で引っ越してくる人もいる

この電波のない町に、健康問題で引っ越してくる人もいます。

電磁波過敏症・・・
電磁波を浴びると頭痛や吐き気などの症状が出る。

先進国アメリカでは、携帯電話や電子レンジ、蛍光灯で体調を崩す人もいますが、 正式には病気としては認められていない。
因果関係ははっきりしないが、電波のない町で、このような症状が改善した人もいるそうです。


いろんな電波が飛び交う世の中で、全く電波がない町があるというのはいいですね。