何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

人の体の不調は五感に訴えかける

朝昼の気温差が激しくなってきた近頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

自分はやっぱりかと言っていいほど、季節の変わり目にまた風邪を引いてしまいました。

体調が悪く動けないので、温かいお風呂に入りながら考え事をしていました。

するとこんなことを考えていました。

人の体の調子が悪い時というのは、よくできているなーっと。

例えば、

何かに足をぶつけた時に、アザとなってその部分の色が変わる。
→これは色の変化が目に視覚的にうったえる。
 
皮膚を切った時に、血が出てくる。 
→これも普段は見ない赤い血が、視覚的にうったえる。
 
体内で内出血した時などに、皮膚が膨らんで腫れる。
→これは腫れた部分が、触覚的にうったえる。
 
風邪を引いた時に咳が出る。
→これはコホンという咳の音が、聴覚的にうったえる。
   
風邪を引いた時に、頭がいたい。
→これも頭痛が、触覚的にうったえる。
 
風邪を引いた時に、喉にたんが絡んだ時になんとなくいつもと味が違う。
→これはたんが、味覚にうったえる。
 
臭いおならが出る。
→これはおならの臭いが、嗅覚的にうったえる。

などのように、何かしらの違和感が出て、危険な状況だということを五感に訴えかけていますよね。 (最後のおならはどうかとも思いますが・・・)

このような感じで、他の人の異常もなるべく早く察知できるような感じになっているので、 人の体って本当によくできているなーっと思いました。

DVD付 WONDER MOVE 人体のふしぎ (講談社の動く図鑑MOVE)

DVD付 WONDER MOVE 人体のふしぎ (講談社の動く図鑑MOVE)