何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

素人も熱くなった!ラグビーW杯、日本がサモアに完勝!

↓ラグビーW杯、日本がサモアに完勝しました。

日本時間で、日付が変わるくらいの時間に、「ラグビーW杯の日本対サモア」の試合をしていて、テレビで放送されていました。

オープニングは、日本は国歌斉唱で、サモアの方は何か自チームを鼓舞するかのような踊り?をしていました。
国によってやることが違うのかな?と思って見ていました。

自分は、ラグビーに関しては全くの素人で、「アメフトとラグビーの違いは、プロテクターをしているかしていないかの違いなのかな?」と思っている程度の知識です。
あと、中川家礼二のラグビーのモノマネを見たことがあるくらいで、全く観戦する機会などありませんでした。

しかし、今回のラグビーW杯は、日本が南アフリカを破ったことが大きいニュースになっていて、今度のサモア戦が決勝への鍵となるだろうと言われていたので、注目していました。

前半、サモアチームのフォワード2人が、イエローカードのファウルで10分間の退場で日本が圧倒的に有利になっていました。(ラグビーではイエローカードは一時退場なんですね。)

サモアのチームが何度もファウルを重ねていて、実況の人が「日本はまだ一回しかファウルをしていません」という言葉を何度も言っていたので、「ラグビーというのはそんなにファウルが当たり前なのか」と思って見ていました。

テレビでは、ラグビー素人にもわかりやすいように、実況の人が丁寧にルールの説明もしていました。

ボールを持っている人が落とした時に、「ノックオン(ボール)ですね」、という言葉も何度か出ていて、前にボール出したり落としたりしてはだめなんだなとか、 スクラムを組んで後ろからハーフバック(パッサー)がボールを出すまで、相手がボールを触ったりしてはダメなんだなというのがなんとなくわかりました。

この時、パッサーは落ちているボールをゆっくり待って拾う感じなので、なんか亀の産卵を待っているかのようでおもしろかった。

前半は20対0で日本有利で折り返していて、実況の人も「これは誰も予想していなかったことですね」とか、「前半は悪くても同点にして、後半にスタミナで巻き替えすくらいに思っていました」と言っていました。それだけ相手のサモアをゼロ点で抑えることはすごいことだったんでしょうね。

後半では、どうしようもない状況で、サモアにトライで5点をとられましたが、素人の自分が見ても今回の試合での日本はすごいということがわかり、熱くなりました!
ラグビーっておもしろい!

ラグビーワールドカップ2015イングランド大会 公式 レプリカ ラグビーボール ミニ

ラグビーワールドカップ2015イングランド大会 公式 レプリカ ラグビーボール ミニ

関連記事