何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

日本代表ってなんだろう?外国籍出身やハーフの活躍

最近、2020年の東京オリンピックを前にして、各界のスポーツの日本代表が活躍していますね。

野球

ラグビー

陸上

外国籍出身やハーフの活躍

外国籍出身の方や、ハーフの方たちの活躍も目覚ましいです。

野球 / オコエ瑠偉(父:ナイジェリア、母:日本)
 
陸上短距離走 / サニブラウン・アブデル・ハキーム(父:ガーナ、母:日本)
 
ラグビー / リーチマイケル(本人:ニュージーランド、妻:日本)

日本代表ってなんだろう?

日本が今まであまり活躍できていなかった競技、例えば陸上競技や、ラグビーなどで、 ハーフの方々が活躍してきていることで、日本が良い記録を出だしているのを見ると、少し複雑な感じがします。 もちろん、活躍してはいけないということではないのです。ガンバレーっと応援したくなります。

でも、ふと、日本代表ってなんだろうって思います。 代表になる人は、おそらく日本国籍を持っている人だと思うのですが、どんどん海外の血も入ってくるってことですよね。

だとしたら、国と国が対決するワールドカップってなんなんだろうなーって思ってしまうわけです。特に日本人の自分としては。
これからは、血筋ではなく、国の文化で戦っていくことになるのでしょうか?

日本も、アメリカのように多民族国家になっていくんですかね。

関連記事