何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

お墓の引っ越し「改葬」の方法

テレビで、お墓の引っ越しについての話がありました。

最近、お墓の引っ越しが増えています。
専門用語では「改葬」といいます。

・墓地から墓地
・墓地から納骨堂
・墓地から永代供養

近年、元々の墓地から改葬する件数は増加傾向にある。

http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2015/20151016_163000.jpg

改葬を行う方の主な理由

・遠方でお墓参りに行きにくい
田舎に帰省するのが体力的、経済的に厳しい

・お墓の老朽化
墓石を新しくして、場所も変える

・お寺との関係維持が困難
お布施などの出費がかさむので・・・
寺院墓地 → 民間・公営霊園

引っ越しの手続き

引っ越しをする際は、個人が勝手にする訳にはいきません。 法の下、正式な手続きが必要になってきます。

お墓の引っ越しの例

(引越し先)市の霊園「受入証明」を取得する

(引越し元)市の霊園「埋葬証明」を取得する

この2つの証明書を持って、(引越し元)市の市役所に持っていくと、「改葬許可書」を発行してもらえる

(引越し元)市の霊園で、遺骨の引き取り、墓地撤去をする

(引越し先)市の霊園で、遺骨埋葬、墓地移設をする

お墓のニーズ

お墓に対して色々なニーズがあるようです。

・値段が安い
・距離が近い
・お墓を引き継ぐ期間を短かくする (子供に迷惑をかけないようにする流れ)
・墓じまい(お墓を処分して永代供養する)

改葬のトラブル

寺院墓地から他の場所への引っ越しの場合でトラブルもあったそうです。

かなり稀ですが、法外な「離檀料」を要求されるケースもあります。
(500万円〜1000万円規模)

ただし、これまでのお寺へのお礼として、数万円〜20万円程度お布施として支払うケースが多い。

「お墓の引っ越し」についてのギモン

Q.引っ越しして使わなくなった元の土地は転売できる?
A.転売できません。
「墓地を購入」=「永代使用権を購入を」で、使用しなくなった墓地は、更地にして返還する必要があります。最初に支払う「永代使用料」も返ってこないことが一般的です。
 
Q.すべての墓地で墓石を持ちこむことは可能?
A.出来ない場合もあります。
それぞれの墓地で規定があるので、あらかじめ確認しておく必要があります。
(※公営墓地では可能な場合が多い。ただし、高さ・大きさなどの制限もあります。)