何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

中国「一人っ子政策」を完全廃止

↓中国の「一人っ子政策」が完全に廃止されるそうです。

中国共産党の重要会議・第18期中央委員会第5回総会(5中総会)は29日、4日間の討議を終え、閉幕した。
閉幕後に公表されたコミュニケによると、中国政府はすべての夫婦に2人目の子供を産むことを認め、人口抑制の国策「一人っ子政策」を完全に廃止すると決定した。
1979年から続いた同政策の廃止決定で、世界最大の人口を持つ中国独自の産児制限は、36年で終止符を打つことになった。
共産党は2013年の同中央委第3回総会(3中総会)で、一人っ子政策の緩和を決定。「夫婦のどちらか一方が一人っ子の場合、2人目の子供を産むことができる」と規定した。この決定の背景には、深刻な高齢化で労働人口が減少し、経済の安定成長に悪影響を及ぼすとの危機感があった。
中国政府は一人っ子政策緩和の結果として出生数の安定的な増加を見込んだ。しかし、2人目の出産を申請する夫婦の数が予想よりも伸びなかったことから、共産党は政策の完全廃止を決めた。

食糧危機に対応するための「一人っ子政策」

中国は食糧危機を避けるために1979年に一人っ子政策を導入し、「4億人分の人口増を抑制できた」。

二人目を生むことができる条件をつけたが・・・

「夫婦のどちらか一方が一人っ子の場合、2人目の子供を産むことができる」と政策を緩和したが、出生数が予想よりも伸びなかった。

「一人っ子政策」完全廃止、それでも進むかもしれない高齢化

子育てに要する費用・負担が大きく、2人目を望まない夫婦が増えていることが背景にあり、そのあたりは少子化に悩む日本と同じです。

政策を緩和した時と同様に、今回のように政策を完全廃止しても、出生数は期待するほど伸びないおそれがある。
子供を一人までにしておくという理由が、いつのまにか「国の政策」から「家庭の金銭事情」に変わってきているからなのかもしれない。

関連記事

http://matome.naver.jp/odai/2137714009038237401