何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

最近話題の行政代執行とは何か?杉並区が全国初の条例制定へ 拡幅した空間の障害物は区が撤去

杉並区内には、緊急車両が通れないような、4メートル未満の幅の狭い道路が区内の道路のおよそ3割を占めている

http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2015/20151114_1950_01.jpg

建築基準法によると、4メートル未満の道路に面している住宅は、建て替えなどの時に建物を後退させてでも、道路の中心から2メートルの空間を確保しなければならない。

http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2015/20151114_1950_02.jpg

しかし、広げた後の敷地の所有権は住民のままであることから自転車や花壇が置かれることがあり、区は緊急車両の通行の妨げになる問題視してきました。

これまで検討を進めてきた区の有識者会議は、「広げた敷地にある私物を区が行政代執行によって私物を撤去することが可能」とする答申をまとめ、区長に提出しました。

田中区長は、答申を踏まえて区議会や区民の声を聞いた上で、来年5月までの条例改正を目指したいとしています。


最近、「行政代執行」という言葉をよく耳にします。

行政代執行とは?

行政代執行(ぎょうせいだいしっこう)とは、行政上の強制執行の一種。義務者が行政上の義務を履行しない場合に、行政庁が、自ら義務者のなすべき行為をなし、又は第三者をしてこれをなさしめ、その費用を義務者から徴収することをいう(行政代執行法1条、2条)。単に「代執行」ともいう。

私たちも自分たちにはどんな義務があるのかを知っておく必要がありますね。

沖縄県の辺野古の問題

国が知事に代わって埋め立て承認取り消し処分を撤回する行政代執行の手続きは、二十七日の閣議で着手を了解。地方自治法に基づくもので、国交省は二十八日に翁長氏に処分の是正を勧告する文書を発送し、翁長氏が拒否を続ければ、訴訟を提起し、勝訴すれば代執行が実行される。

京都市のゴミ屋敷問題

ごみ屋敷条例に基づいて行われた京都市の行政代執行は、11月13日正午ごろ終了。市によると、撤去されたごみは約7.5立方メートル分で、ごみ袋の数でみると、概算で300袋以上になった。
しかし、ここで住人が負担する金額はたった1万円。(1万円は粗大ごみ扱いの費用で、トラック代・人件費は市が払う、つまり税金) しかも、住人立ち会いのもと、ごみの分別をした後、必要であると申し出た場合、回収したものは返却される。