何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

領収書はとても大事。しかし合計金額さえ合っていればいいのか?

今日は、某うどんチェーン店でごはんを食べました。

そして、食べ終わった後、会計の金額が2千円だったので、レジで1万円を出しました。

すると「3千円のお釣りになります」っと、お釣りが戻ってきました。

「アレ?」っと思いました。7千円くらい食べたことになってる。。。

おそらく、レジの女性は、自分が5千円札で払ったと勘違いしたのでしょう。

そして、自分はレジの方に「3千円ですか?」っと聞き返しました。

すると、間違いに気付いたみたいで、「すみません」っと言って、一度3千円を回収し、再び8千円のお釣りを渡してきました。

ここまでのことはよくあることなので、(間違いは誰でもあるよね。)っと思っていたのですが、その後の出来事が納得いきませんでした。

レシートを受け取ろうとしたところ、その間違えた支払い額で打たれたれシートを渡してきたのです。

支払い 5000円 (←正しくは10000円)
合計金額 2000円 (←ここは合っている)
お釣り 3000円 (←正しくは8000円)

このレシートでいいですか?とレジの女性に言われたので、「えっ?自分は5千円を払ってないから、レジを打ち直すべきでしょ」と思いましたが、そこは言葉は飲み込み、
「すみません、領収書を書いてもらってもいいですか?」と領収書をいただくことにしました。

合計金額としては一緒なのですが、事実と違うレシートをもらうよりはマシだと思いました。

そして、そのレジの女性はきっと研修中の方で不慣れだったのでしょう。領収書を書くとなると、店長のような人に声をかけていました。

そして、店長登場。それまでの経緯をレジの女性から聞く。

そして、打ち間違えたレシートを見て、「こちらの合計金額はあってますよ?」っと自分へ一言。

こちらの支払った金額は違っているので、「いえ、レシートはいらないので、領収書ください」と自分は言う。

すると、しぶしぶ領収書を書く店長。そして、店長がレジの女性に対して一言、「このレシートの合計金額はあってるからこれをお客さんに渡すのでOKだから。」と言いました。

(えっ?何がOKなの?)っと自分は思いました。(合計金額さえあってればいいの?支払い金額が間違ってるじゃん。)っと

店側としては、売り上げ金額として見た時に、支払い額が違っても合計金額が同じだから問題ないってこと?自分としては全く納得がいかない。

今までにも何回か、同じような出来事がありました。レシートが間違っているのに、これでいいでしょ?的に渡してくるお店。

ひどいところは前のお客のレシートを渡してきたりするところもある(←これはもう問題外) 。

領収書ってすごく大事なものなので、慎重に取り扱ってほしい。