何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

日本の「おもてなし」を格付け?「免税」「外国語スタッフ」「接客サービス」が対象

↓日本の「おもてなし」を格付けしていくそうです。

政府は、さらなる外国人観光客の呼び込みを目指し、旅館や飲食店などの「おもてなし」­を評価して格付けする検討会を18日から始めました。

来年度から始まる「おもてなし規格認証」とは?

外国人観光客が利用しやすい店に国が具体的評価で「お墨付き」を与えるものです。

格付けの対象となるものは?

・クレジットカードが使用可能
・免税手続きに対応
・外国語で接客できるスタッフの常駐
・接客サービスの質の評価
な­ど

これらが格付けの対象となります。

格付けに疑問視の声も?

インターネットで世界中に店舗情報が発信できる時代に、格付けや認証が必要なのかという疑問の声もあがっています。

私個人の意見としては、「おもてなし」って、もてなす側のさりげない気配りみたいなものだと思っています。
なので、この今回の格付けでいうところの決まった項目に対しての「おもてなし」っというのは、本来の意味とは違っていると思うので、 外国人観光客の方々にその言葉の意味を誤解されないかという懸念はありますね。

日本人の「おもてなし」はなぜ世界一と言われるのか (ロング新書)

日本人の「おもてなし」はなぜ世界一と言われるのか (ロング新書)