何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

一瞬を長く感じられれば、それは長生きしてるのと同じこと?

人は、寿命を伸ばすために、健康に気を使ったり、病気に対する治療法、治療薬を日々進化させ開発している。

この発想を変えて、人の感覚を変えれば長く生きられるんじゃないかと思う。

もしも時間という概念が不変なものなら、過ぎ去っていく時間を人間が長く感じられればいいのだと思う。

例えば、ボクサーの人が相手のパンチを受ける瞬間、その軌道をスローモーションで見ることがあると聞く。

他にも、人が死ぬ間際の一瞬の間に、今までの長い人生を走馬灯によって振り返るという話も聞く。

人のその感覚によって、一瞬という時の中で、ゆっくりとした時を過ごせるとしたら、それは長く生きているということと同じ意味になるんじゃないだろうか。

人がもし体を捨てて、限りなく電気信号に近づいて、魂だけになることができたら、そんなことも可能になる気がする。

そういう研究も進んでいくんじゃないかと思う。

そんなことを寝ぼけながら考える。