何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

車内の切符確認、東海道新幹線も廃止へ 指定とグリーン

http://www.asahi.com/articles/ASHCM5RLDHCMUTIL02F.html

JR東海は19日、東海道新幹線の指定席とグリーン席の車内改札を来年3月のダイヤ改定から取りやめると発表した。車掌が携帯端末で最新の予約を把握できるようになったためで、乗客もくつろげるようになる。

この車内での切符の改札、いつ切符を確認しにくるのかわからず、寝たり弁当を食べたりする時間が気になってしかたありませんでした。

東北や北陸、山陽新幹線などは車内改札を廃止していたが、東海道新幹線では車掌が全座席を回って切符を確認し、証明印を押している。JR東海は「ビジネス客は列車変更が多いため」と説明してきたが、「くつろげない」などの苦情が絶えなかった。

東京から博多までの山陽新幹線区間では切符を確認されてハンコを押されましたが、これは山陽新幹線というくくりにならなくて、東海道新幹線が山陽新幹線に接続しているということになるのですかね。まぁーどちらにしてもなくなるのでいいか。

自由席では車内改札を続ける。指定席を予約しながら自由席に移る客がおり、本来座るはずだった指定席の予約を携帯端末で取り消し、他の乗客が指定席を予約できるようサービス向上につなげる。

指定席のお客がわざわざ自由席に移るということは、その差額分を返金してもらいたいからということでしょうか。

柘植康英社長は「指定席でも切符と異なる席に座っていた場合は改札する。改札省略後も車掌は巡回するので安全対策は後退しない」と話した。

これは自分の妄想ですが、
電車で指定席の場合、誰がどこの座席を取っているのか、電子メガネなどを使いAR的な感じで人の頭の上に「◯号車1番A席」のように見える形したらおもしろいでしょうね。 そうしたら、異なる席に座っているのが一発でわかりますからね。