何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

1億総活躍社会に向けた3本の矢

http://www.asahi.com/articles/ASHCV7GW7HCVULFA04Q.html

政府は26日、安倍晋三首相が掲げる「1億総活躍社会」に向けた緊急対策をまとめた。

1億総活躍社会に向けた3本の矢

第1の矢
・法人実効税率を早期に20%台まで引き下げる
・最低賃金の全国加重平均1000円をめざす
・低年金受給者を支援(3万円の給付金を検討)
 
第2の矢
・2017年度末までに50万人分の保育施設整備
・企業内保育所の整備を推進
・幼児教育の無償化
・児童扶養手当の拡充
 
第3の矢
・2020年代初頭までに50万人以上の介護施設などを追加整備
・介護福祉士をめざす学生への学費貸し付け対象を大幅拡大
・介護休業給付を賃金の67%に引き上げ

経済の活性化だけではこれら全部を実現するのは難しいと思う。
この3本の矢を放つのに、いったい財源はどこから捻出するんだろう?
消費税などの税金がさらにあがるのかなー?

それにしても「1億総活躍社会」って全然広まっていないようですね。
街頭インタビューなどでも名称すら知らないという方が多いようです。

日本人全員でがんばっていこうというような話なのかなと自分が思っていたら、 人口が減って今の出生率のままだと、将来1億人を切る計算になるという日本で、 「人口を1億人より減らないようにしよう、頑張る人を応援して、なんらかの事情でがんばることができない人を支援していきましょう」 という話だということを、テレビである議員の方が話していました。

しかしながら、人口減少問題、高齢化社会に関しては、移民を受け入れるしか解決策はないんじゃないかなーっと自分としては思っている。