何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

医師10万人に聞く!突然死を防ぐお風呂の入り方 ランキング トップ5

第5位 かけ湯をする

湯船につかる前にかけ湯をすることで、湯船につかった際の血圧の上昇を予防することができる

第4位 熱い湯に首までつからない

入浴中はウエストが3〜4センチ縮むほど強い水圧を受けている

首まで浸かると胸の周りが湯で圧迫される。 これが心臓や肺に非常に大きな負担をかけることになる。 心筋梗塞などを起こす危険性が出てくる。

「湯船につかるのは胸から肩まで」

第3位 風呂の湯は42℃未満

風呂は42℃を境に体への影響が真逆になる。
41℃までは体がリラックスする。
たった1度違うだけで、
42℃以上は交感神経が刺激され、血圧が急上昇、心拍数が上がる。
突然死を防ぐため湯の温度は42℃未満にした方がいい。

(番外編)炭酸風呂がオススメ!

炭酸のお風呂に入ると皮膚の表面にある「冷たさを感じるセンサー」が鈍くなる

人は寒さを感じると血管が収縮する お風呂には血管を拡張させる作用があり、血流が良くなることで温かさを感じることができる

炭酸風呂は実際のお湯の温度より1〜2℃温かく感じる

(番外編)湯船でハミガキをすると美肌になる

湯船で歯磨きをすることで、唾液の分泌が促される。 その唾液に含まれるパロチンという若返り、美肌効果があるといわれている「美肌ホルモン」が耳の下あたりから分泌される

第2位 足先からゆっくり入る

心臓への負担をさけるためお風呂に入る時は足先からゆっくり入る

第1位 浴室と脱衣所を事前に暖めておく

冬の入浴がどれほど血圧の上昇を招くのか、健康な20代男性で検証した
リビング → 脱衣所 → 湯船 の3箇所で血圧を測定する

検証1 「リビングと脱衣所&浴室に温度差がある場合
リビング 24℃(最高血圧103・最低血圧60)
↓(10℃の差
脱衣所と浴室 14℃(最高血圧113・最低血圧65)

湯船 42℃(最高血圧150・最低血圧88)

リビングと脱衣所&浴室に温度差がある場合、湯船に入ると血圧が急上昇した。

検証2 「リビングと【脱衣所&浴室】の温度差が少ない場合
リビング 23.9℃(最高血圧107・最低血圧63)
↓(1℃未満の差
脱衣所と浴室 23.3℃(最高血圧108・最低血圧ーー)

湯船 42℃(最高血圧115・最低血圧64)

【脱衣所&浴室】をあたためて、リビングとの温度差を少なくした場合、血圧の大幅な上昇はなかった。

(番外編)お風呂に暖房の無い方の場合

シャワーでお風呂の湯を張るようにすれば浴室全体があたあまる。

(番外編)お風呂から出る時の立ちくらみに注意

湯船から出る際にの立ちくらみは突然死の危険信号。 湯船から出る時は、血圧低下のリスクがあり、立ちくらみし、溺死に至る可能性がある。

湯船の中では水圧がかかることで、バランスがとれていた血流が、 湯船からあがると、下半身に集中し、脳への血流が不足し立ちくらみや失神の原因となる。

洗面器に冷水を入れて10秒間両手を冷やす。
温まった体で冷たい水に触れると交感神経が刺激され、血管が縮む。
この状態で湯船を出れば、急激な血管の拡がりを防止する。