何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

他人事ではなかった!うちのマンションの杭も旭化成建材が関わっていた!

今のところ実害はないですが、嫌な知らせが届きました。

最近問題になっている「旭化成建材」のマンションデータ偽装問題の話です。

全くの他人ごとだと思って以下のような記事を書いてたりしました。

うちも分譲マンションなので、こういう問題があったら嫌だなーっとは思っていました。

しかし、最近、うちのマンションの所有者宛に管理組合から書類が届きました。

なんとうちのマンションでも、「旭化成建材がくい施行を実施していた」というのです。

知らなかった。マンションを建てたのが、◯◯組というところにしか目がいっていなかったもので・・・。

くい施行は別会社というケースがあるんですね。それともそれが普通なのか・・・。

その書類には、

「◯◯組と、旭化成建材が別々にくい施行記録チェックをしたところ、施行データに流用等はなかったとの報告を◯◯組より受けております。」

と書いてありました。

さらに、旭化成建材からは

平成◯年◯月に既成杭地業工事を完了報告済みの「◯◯マンション新築工事」に関しまして、下記内容を表明し、これを保証いたします。
 
1.施工内容については、貴社の現場管理者の指示に基づき、適切に実施していること。
2.施行結果について、貴社の承認をいただいていること。
3.施行報告書の電流計データおよび流量計データの内容に虚偽の記載はないこと。

と書いてありました。

この書類だけを見ていったい何を信じろと、何を保証するというのでしょうか。

うちのマンションが建って10年くらい住んでいますが、とりあえず問題は起こっていません。 しかしながら、今や、「旭化成建材」という名前が関わっていたと聞くだけで不安が残りますね。