何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

大阪府堺市で過去最大規模の個人情報が流出

↓自治体で、過去最大規模の個人情報が流出したということです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151214/k10010340801000.html

堺市で全有権者68万人の個人情報が流出しました。

個人情報流出の詳細

・漏れた個人情報は、氏名・住所・性別・年齢・生年月日
・外部から見てもらえるように、公開サーバーで誰でも閲覧できる状況にしていた。
・流出させたのは堺市役所の公務員、堺市北区で2006年〜2012年まで選挙管理委員会で働いていた古矢敬一課長補佐(59)。
・選挙の度に最新の個人情報を自宅に持ち帰っていた、この行為は6年間で9回におよぶ。
・有権者データが民間のレンタルサーバーに預けられ、そのデータが外部に流出してしまった。

個人情報流出に至るまで

2006年4月〜2012年3月
・有権者約68万人分のデータを自宅に持ち帰り自分でアレンジして不在者投票の補助システムなどを作成。
 
2013年8月
・堺市では選挙システム全体の改修をすることが決まっており、選挙システムの入札が行われたが、古矢課長補佐のシステムは採用されなかったため、企業などへの売り込みを始めた。
 
2015年1月
・堺市の隣の市である松原市に自作システムを売り込んだ。自らノートパソコンを持ち込み、1時間に渡って熱弁を振るったが結局は採用されなかった。

自分の作ったシステムを民間レンタルサーバーで公開、その時に有権者68万人の個人情報も誤って公開してしまったとのこと。

堺市は、古矢敬一課長補佐を懲戒免職、地方公務員法違反などの疑いで警察に刑事告訴する方針です。

公務員は副業禁止?

そもそも、自作システムを売り込むという行為は、副業禁止に反しなかったのでしょうか?

例外もありますが、基本的に公務員の副業は禁止されています。

http://tabibitojin.com/second_job_officer/


システムを売り込むという副業は禁止だと思いますし、しかも個人情報は流出させるし、さらには流出させたことを隠蔽しようとするし、
地方公務員法を含めいったいどれだけの法律を破ったのでしょう。

データは、簡単にやりとりができてしまう反面、簡単に流出もしてしまうということを知っておかないとだめですね。