何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

軽減税率で見えてくる効率化と作業負担

最近ニュースで、軽減税率の導入の話をよく耳にします。

最終的には、生鮮食品に加えて、加工食品も対象になり、外食は対象とならないということに決まりました。

自民と公明の話がまとまってよかったねと、一件落着かと思っていました。 しかし、よくよく聞いてみると、問題が山積しているようです。

軽減税率の対象となる食品の線引はというと・・・

・牛丼やハンバーガーなどを、店内で食べると消費税が10%、持ち帰ると8%
・そばを出前でとって家で食べると8%、そばを店内で食べると10%
・屋台での軽食はテーブルやいすがない場合は8%、フードコードでの飲食は10%
・コンビニのお弁当やおかずは8%、コンビニ店内で食べることを前提とした食品(※店の用意した器に入ったラーメンなど)は10%
・新聞は定期購読は8%、駅やコンビニで買う場合は10%

というような感じになるそうです。
何か納得できないところも出てきますよね。

エコではないという声

店内で食べると10%かかるということで、店側は商品が売れるように「包みに入れて持ち帰れる状態にしておいて、後はお客さんの意志にまかせる」というようなことが海外ではおきているそうです。 もし、そういうことが起きた場合、店内で食べればお皿を洗って再利用できるというところが、持ち帰ることで最終的には捨てる紙包みを多く使用してしまうので、これはエコではないですよね。

出前、宅配でさらに人件費がかかる?

出前や宅配をしている店側としては、お店からわざわざ出張するのでむしろ出張料金を取っているところが多いのに、 これが店内だと10%で、出前が8%の消費税になると、どちらにしようか迷っていた人は、みんな出前・宅配にしてしまって人件費が余計にかかってしまうのではないか?という声もある。

食品を取り扱っているお店にかなりの負担がいく

生鮮食品、加工食品、外食、と食べるものは全部軽減税率の対象で消費税は8%ですよということにしていれば、税の設定はむしろ今まで通りで何もしなくてもよかったのに、 それでは国の税収が減ってしまうということで外食は対象外になり、その結果、何もしなくていいどころか、食品を扱っているお店では仕分けをするのに大混乱するでしょう。
先の話のように、サービスすればすればするほど、損をしてしまったり、エコでなくなったりして、既に矛盾が発生しています。


こういうお役所仕事のように、それぞれの思惑があって意見が一致せず、それに巻き込まれて、効率化ってなされずに終わっていくんですよね。 誰かが作業負担を負わないといけないという状況になってきます。

もっと国民にもわかりやすい効率がいい内容にしてほしいなと思いますね。