何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

忘年会シーズンの救世主「寝過ごし救済バス」

JR高尾駅で「寝過ごし救済バス」が運転されているそうです。

忘年会などがたくさん行われるこの季節。

電車の終点まで終電に乗り寝過ごすお客さんが増えているようです。

↓こちらは、中央線の終点、高尾駅周辺

http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2015/20151224_0900_01.jpg

http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2015/20151224_0900_02.jpg

中央線の終点、高尾駅周辺には朝まで過ごせる施設はほとんどなく、多くの寝過ごしたお客さんが「ふろっぴィ」という天然温泉施設で過ごして朝を迎えるそうです。

http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2015/20151224_0900_04.jpg

http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2015/20151224_0900_03.jpg

そんな中、「寝過ごし救済バス」が搭乗しました。
(※この天然温泉施設への送迎バスではありませんのでご注意を!)

http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2015/20151224_0900_05.jpg

JR高尾駅(東京都) 午前1時
中央特快 高尾行き 最終 0時55分
東京方面 0時31分

http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2015/20151224_0900_07.jpg

最終電車を迎えた高尾駅の改札では、「JR八王子駅 北口までのバスございますー」というアナウンス。

http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2015/20151224_0900_08.jpg

12月の休日前夜に運行(4日間)
運賃:880円(八王子駅まで)

ある日の乗客は52人(席数28席)ほぼ満員

八王子駅まで行けば、カプセルホテルやネットカフェもあるため利用する人も多いようです。

↓昔は駅からリアカーで酔った客を乗せて改札外へ運ばれたこともあったそうです。 http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2015/20151224_0900_09.jpg


他の終点駅でも「駅から駅」ではなくて、宿泊施設などが「駅から宿」の送迎バスを運行すれば儲かるんじゃないでしょうか。