何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

マイナンバーカードでポイントカードを一本化する動き

↓政府側で、マイナンバーカードでポイントカードを一本化する動きがあるようです。

総務省は各種ポイントカードをマイナンバーカードに一本化できないか検討を始めることにしました。
 
これは総務省の仕事始め式で、高市総務大臣が指示したものです。
 
カードを発行している企業や団体を結ぶシステムを立ち上げ、各種ポイントカードや銀行、図書館、商店街などのカードをマイナンバーカードに一本化しようというもので、来年春以降の実現を目指します。
 
各企業はポイントカードのサービスで利用者の囲い込みを狙っていますが、
 
総務省幹部は「磁気カードからICチップ入りカードに移すための莫大な投資を行わずにすむ」と企業側にもメリットがあることを強調しています。

これを聞いてどうなんだろう?と疑問に思いました。

ポイントカードを一本化してもらえるというのは、サービス利用者からすると、確かにうれしいことです。

財布にたくさんのサービスのカードを入れなくていいし、将来的にネットでデータを管理されるようになれば、ID、パスワードだってたくさん覚えなくてよくなるし、

(まぁ、一本化されることによって、データ流出があった場合は、根こそぎデータを持っていかれるというデメリットはあるでしょうけど。)

でも、それ以前に、企業側の考えを完全に無視している気がしますね。

政府が「カードの費用がかからないから、一本化に参加すれば?」といくら言っても、せっかくポイントカードで利用者の囲い込みができている大企業にそれを言ったところで、

「はい、一本化しましょう」と、すんなり賛成するわけがないと思います。

今までどれだけ、ポイントカード利用者を獲得するために、いろんな企業が地道に活動をしてきたことか。

企業によっては、サービス利用者が何度も「結構です」と断っても勧めてくるくらいです。

もし、マイナンバーカードが物のとしてカードの代わりをするだけで、中のポイントはそれぞれの企業で管理してください、とかいうならまだ企業側にもメリットはあるかなとは思いますが、

そんなことをすればマイナンバーカードのセキュリティ等、また他で問題が出てくるのでそんなことはやらないと思いますし、

このポイントカード一本化はすんなりいく話ではない気がしますね。