何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

紹介状なしの大病院の受診で、5000円を超える追加負担が検討される

↓紹介状なしの大病院の受診で、5000円を超える追加負担が検討されているそうです。

厚生労働省は五日、大病院を紹介状なしで受診した患者に初診料とは別の追加負担を求める制度について、負担額を最低五千円とする検討に入った。二〇一六年度からの導入に向け、関係者と調整を進める。高度な医療を提供する「特定機能病院」など全国の約二百五十病院が対象となる見通し。  
大病院が難しい治療に専念できるように医療機関の役割分担を進めるのが狙いで、昨年五月に成立した医療保険制度改革の関連法に導入が盛り込まれていた。
 
初診時の最低額はこれまで五千円か一万円とする案が有力だったが、厚労省は初診時に最低五千円とし、病院独自の判断で五千円超も可能とすることを検討。再診時も千~二千五百円の追加負担を検討している。
 
ただ地域に大病院しかない場合や、救急車で運ばれた場合などのケースでは対象外とする方針だ。
 
<大病院とかかりつけ医> 厚生労働省が検討している追加負担の対象となる大病院は、高度な医療を提供する大学病院など「特定機能病院」(84カ所)や、500床以上の「地域医療支援病院」(164カ所)となる見込み。こうした大病院では、軽症患者らが詰めかけて混雑すると、勤務医の負担が高まり、高度な医療に注力できなくなる恐れがある。厚労省は、症状が軽ければまず身近な診療所などかかりつけ医を受診し、必要に応じて大病院を紹介してもらうようにして医療機関の役割分担を進めたい考え。

今の時点でも、紹介状なしで大きい病院を受診した時は、ある程度の費用負担がいくらかあったと思います。

なので、うちの家族が病気になった時は、近くのかかりつけの病院に行って、紹介状を書いてもらうようにしています。

紹介状に関しては、以前、嫌な思いをしたことがありました。

子供が肺炎になった時に、救急車で運ばれたにもかかわらず、緊急ではないので、紹介状をもらって出なおしてきてください的なことを言われた時がありました。

その後、かかりつけの病院で紹介状を書いてもらい、再び大病院に行くと肺炎だということがわかり、入院しなければいけない状態だったということが後からわかりました。

その時は、当日すぐに紹介状をもらえて、大病院に入院したので大事には至りませんでしたが、

紹介状をもらう工程を踏んでいる間に、病状が悪化してしまうようなケースもあるのではないでしょうか。

かかりつけの病院がその日休みだったらどうするのでしょう?昼間の12時から夕方4時くらいまで閉まっている病院も多いですし。

国民健康保険や、企業が加入している組合保健の料金とは別で、さらにお金を取るのはどうなのかなとは思いますね。

関連記事