何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

おさるのジョージから学ぶ茶色の作り方

うちの息子(2歳)がおさるのジョージの絵本や映像が好きなので、図書館で絵本を借りました。

アニメおさるのジョージ あか、あお、きいろ

アニメおさるのジョージ あか、あお、きいろ

  • 作者: マーガレット・レイ&ハンス・アウグスト・レイ,山北めぐみ
  • 出版社/メーカー: 金の星社
  • 発売日: 2014/02/26
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

サブタイトルが、「あか・あお・きいろ」というもので、

簡単に内容を説明すると、ジョージが赤、青、黄の3原色のペンキの色を混ぜて、カラフルな卵を作ろうとしていたところ、あやまってジョージ自身がペンキに浸かってしまい、なんとかジョージの色の茶色に戻ろうと色々ペンキに浸かるというもの。 結局、洗い場のシンクに浸かって色落ちして元に戻るんですけどね。

「赤」+「青」=「紫」
「赤」+「黄」=「オレンジ」
「青」+「黄」=「緑」

この辺の色の作り方はわかるのですが、

もしジョージが着色して「茶色」になるにはどう色を合わせればよかったのか、気になったので、調べてみました。

↓カラーの混ぜあわせについては、こちらのサイトに詳しく載っていました。

「茶色」を作るには、「赤色」、「青色」、「黄色」の全部を混ぜればよかったんですね。

しかしこれが、WEBで使用する「R(レッド)G(グリーン)B(ブルー)」の光の三原色では、混ぜた色の結果が紫にはならず、違ってきます。ピンク色っぽくなります。

RGBでブレンドした色を確認するのは以下のサイトがありました。

WEBサイトで、実際の絵の具を混ぜたら何色になるかわかるといいですね。
混ぜる色を16進数から選べるようなサイトがあれば面白いですね。

もう既にあるのかな?CMYK「C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)」版で同じようなものを作ればいいのかも。