何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

食器用洗剤ジョイの詰め替え用2回分4回分の謎

食器用洗剤で使っている除菌ジョイ。
油汚れがすぐ落ちるのでうちで愛用しています。

通常売っているのがこの容量が200mlのタイプ。

除菌ジョイ コンパクト 食器用洗剤 本体 200ml

除菌ジョイ コンパクト 食器用洗剤 本体 200ml

そして、200mlを使いきった後に、今度は詰め替え用が売っているので買おうかなと思いました。

おっ、2回分もの容量が入ったつめかえパックが売っていると思ったら・・・、
容量が315ml?あれ?2回分というよりは1.5回分?
ラベルには約2回分と書いてあります。四捨五入すれば2回と言えば2回分ですが、これはサバを読みすぎなのでは?

除菌ジョイ コンパクト 食器用洗剤 詰替用 315ml

除菌ジョイ コンパクト 食器用洗剤 詰替用 315ml

さらに4回分もありました。
今度は、容量が635ml?これはもうハッキリ言って3回分ですね。

詰め替え用だけ、濃縮パワーをうたっているからかな?と思ったのですが、通常タイプも濃縮パワーですし、なんでこんなことになっているのだろう?

【大容量】 除菌ジョイ コンパクト 食器用洗剤 特大 615ml

【大容量】 除菌ジョイ コンパクト 食器用洗剤 特大 615ml

そして、パッケージのラベルを再度確認してみました。 ようく見てみると、

http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2016/20160112_1940_01.jpg http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2016/20160112_1940_02.jpg

「※1回分を本体内容量の約8分目と設定」

と書いてありました。

なぜそんな勝手な設定をしているのだろう?

商品を買う側としては、通常タイプの容量の2回分だと思いますよね?

それで自然環境保全(エコ)を考えて、詰め替え用を買おうとするのに、こんなところで勘違いするようなことをしなくてもいいのに。

詰め替え用ではない本体内容量が200mlなので、
買う店によっては、容量の単価で見ると、詰め替え用ではない方が詰め替え用よりも安く売っているところもありました。

それだと詰め替え用を買う意味はあるんだろうか、詰め替える手間もありますし。
商品の批判ではないんですよ。いつも使っているので。