何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

大根を輪切りにしてすりおろしてはダメ!:ソレダメ

大根おろしを作る時に、輪切りにしてすりおろすことがあると思います。
でも、実はそれがダメなのです!

料理によく使う大根おろし。
実は、このすりおろし方が大根を辛くしているのです!

甘い状態に大根をすりおろす方法

実は、大根を縦に切ってすりおろすと、甘く感じます!

まず、大根を約15cmに切り落とします。

次に、縦に切って半分にします。

さらに、縦に切って四等分にします。

それを先ほどのように、中心の角の部分からすりおろしていきます。

すると、横に切った時よりも、縦に切った時の方が甘く感じます。

街頭で一般の方に、横切りと縦切りのおろしを食べ比べてもらったところ、みなさん縦切りにした方が甘く感じたということでした。

なぜ横に切ると辛く、縦に切ると甘いのか?

大根は、繊維が縦に伸びています。

なので、輪切りでおろすと、繊維を断ち切ってしまいます。

そして、細胞が破壊されて、

辛味成分の「アリルイソチオシアネート」が発生します。

それが、縦切りにすることによって、細胞が壊れないので、辛味成分が発生せず、甘く感じるということです。

さらに、縦切りにすると、皮を剥がさずギリギリまですりおろすことができます。