何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

防犯カメラ映像が「ダダ漏れ」

↓防犯カメラの映像がダダ漏れになっているようです

防犯カメラの映像が閲覧できるサイトが存在するらしい

街頭や飲食店、オフィスなどさまざまな場所に設置されている防犯カメラの映像が、海外のサイトで「だだ漏れ」になっている。日本国内の約6000カ所が誰でも閲覧可能な状況になっており、サイトの存在が話題になった1月中旬から、実際に閲覧したことを報告するネット上の書き込みも数多くみられる。

人物や場所が特定されてされてしまうこともある

・サイトには、診療所のような場所で男性が診察を受けている様子や、ネイルサロンのような場所で複数の女性が座っている様子、一般の集合住宅のエントランスホールなどが映し出されていた。スーパーやコンビニ、飲食店などの映像も多数あり、従業員や客の顔がはっきりわかるようなものもある。
 
・場所が特定されてしまうケースもある。

なぜ閲覧できるのか?

・防犯カメラにはインターネットへの配信機能がついているものがあるが、パスワードが初期設定のままだったり、適切に設定されていなかったりすると、外部から閲覧することは難しくないという


本来なら犯罪を未然に防ぐために設置されている防犯カメラが、もしかしたら犯罪そのものを助けてしまっているかもしれないというこの事実。

ネットにつながっているカメラに対しては、最低限のセキュリティ設定は必要ですね。