何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

ツタヤ、マイナンバーを本人確認に使用

↓あのレンタル大手のツタヤがマイナンバーを本人確認に使用していたそうです。

レンタル大手TSUTAYA(ツタヤ=東京都渋谷区)が、国が身分証明書として使わないよう求めていたマイナンバー(社会保障・税番号)の通知カードを、入会・更新手続きの本人確認に使えるようにして、ホームページなどで公表していた。マイナンバー違憲訴訟新潟弁護団の斎藤裕弁護士の指摘で25日、分かった。
 
通知カードは昨秋から各世帯に送られ、表面にマイナンバーが記載されている。ツタヤの入会手続きでは、通知カードと住所が確認できる書類があれば本人確認ができるとされている。
 
内閣府や総務省は昨年8月、防犯カメラにうつったり店員がメモをとったりしてマイナンバーが流出する危険があるため、通知カードを身分証明書として使わないよう各省庁や自治体に通知を出し、経済産業省を通じてレンタル業界にも求めていた。
 
ツタヤの広報担当者は取材に対し、「国からの業界団体を通じた明確な通達は受け取っていなかった。マイナンバーを記録することはなかったが、26日から通知カードでの本人確認をやめるようにする」と話した。同じく大手の「ゲオ」は、本人確認に通知カードを使用していないという。

年末年始にマイナンバー通知カードの配達が遅れているだの、誤配達されているだので、マイナンバーがどれだけ重要なものか連日ニュースになっていたのに、大手企業のツタヤはその重要性に気づかなかったのでしょうか。

TSUTAYAで必要な本人確認書類

TSUTAYAの入会時、更新時などには、以下の本人確認書類が必要となる。
(書類のコピーは不可)

1点だけでよいもの

・運転免許証
・住民基本台帳カード(顔写真付き)
・外国人登録証明書
・その他自治体が発行する証明書(顔写真付き/生年月日、氏名、住所の記載有り)
・障害者手帳(顔写真付き)

※上記のもので、記載住所と現住所が異なる場合は、住所確認書類も必要です。

住所確認書類が必要なもの

・障害者手帳(顔写真無し)
・健康保険証、健康保険証カード
・学生証(顔写真付き)
・パスポート(有効期限内、住所記載有り)
・社員証(会社住所記載、顔写真付き)
・公務員身分証明書
・年金手帳各種

住所確認書類

・公共料金の領収書(電気料金/水道料金/都市ガス料金/放送受信料/電話料金/携帯電話料金)
・住民票の写し
・国税または地方税の領収書/または納税証明書
・社会保険の領収書(国民健康保険/国民年金/保険料の領収書)
・現住所記載の郵便物(消印、または「料金後納」、「料金別納」などの記載があるもの)

関連記事