何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

マイナス金利は劇薬か?!

最近話題の日本銀行、史上初の金融政策である「マイナス金利」。

これは、個人が銀行に預けている金利がマイナスになるわけではありません。
(今のところは・・・)

http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2016/20160203_2200_01.jpg

今までの「プラス金利」の時は、銀行は日銀にお金を預けると金利がついて増えていたので預けていた。
なので、企業や個人からもどんどんお金を預けてくださいーっという状況になっていた。
 
そして、今回初めて導入されたマイナス金利は、銀行が日銀にお金を預ければ預けるほど逆にお金を取られてしまうので、銀行としてはお金を預けなくなる、そしてそのお金を待ったままにはしておけないので、企業や個人にもっとお金を貸そうという動きになる。
 
日銀の狙いは、「マイナス金利」にすることで、世の中にお金を出回らせたいというものである。
その他にも、海外へ投資させたいという狙いもあると思われる。

「マイナス金利になって、うれしいこと

http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2016/20160203_2200_02.jpg

個人としては、住宅・自動車・教育など、ローン金利が下がる。
企業としては、お金が借りやすく、設備投資などがスムーズになる可能性もある。

企業としては今の状態でも低い金利なので、借り手はつきにくいかもしれない。

「マイナス金利」で起こる、悲しいこと

http://cc0.cc/hatena/com/img/?u=nanigoto/2016/20160203_2200_03.jpg

銀行はこれ以上お金を集めたくないので、預金・貯金の利息を下げる。定期預金、普通預金の金利の引き下げも実施されている。

今までもあまり金利は高くなかったので、これくらいであればそんなにダメージは少ないかも?!

海外では既に「マイナス金利」を導入しているところがある

景気の悪いヨーロッパではマイナス金利を既に導入している国がある。

スイス(ー0.75%)※日本は(ー0.1%)
ある銀行が一般の預金者の預金にも「マイナス金利」を適用。
つまり、預金をするとお金が目減りすることになる。
 
デンマーク(ー0.65%)
ある銀行では、変動型の住宅ローンに「マイナス金利」を適用。
つまり、お金を借りているのに利子がもらえるという不思議なことがおこる。

最悪の想定

世の中にお金を出回らせたいという日銀の狙いですが、これが思った通り回らず経済がよくならなかった場合、 銀行の体力がどんどん減っていき、ATMの手数料が上がったり、個人の預金に対してマイナス金利にせざるおえないという状況になる可能性も出てくる。

なので、今回のマイナス金利はイチかバチかの劇薬とも言えるでしょう。