何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

香水の由来と種類と使い分け方:林先生が驚く初耳学

香水の由来

オーデコロン、あれはドイツで生まれたものがフランス語になってる。

オーが「」、デが「」、コロンが「ケルン」というドイツの街ですからね、「ケルンの水」。

元々、ドイツの街で香水を売ってらっしゃる方がいて、フランスが占領したと、

兵士たちがお土産で香水を買ったら、すごく評判が良くて、結局そのまま名前になってしまって「オーデコロン」となった。

香水の種類

世の中、香水が臭くて、迷惑をかける方がたくさんいる。

あれは、一個一個わかって使い分ければ、あんな事はない。

賦香率」・・・アルコールに溶かした香料の割合

香水の成分が何パーセント含まれているかによって、

大きく分けて、「オーデコロン」「オーデトワレ」「オーデパルファム」「パルファム(香水)」と4つある。

香水は香料の割合によって、持続時間の目安がある。

香水のキツくならない使い分け方

香水の付け方は主に3パターンある。

ニオイのきついパルファム(香水)は、「」で付ける。

オーデパルファム、オーデトワレは、少し薄まるので、「」で付ける。

オーデコロンは、薄いので、シャワーみたいに「」で浴びてもいい。

この、「点」「線」「面」で使い分ければ、キツくならない

香りの変化

香りは3段階で変化していく。

最初のフレッシュな香り(トップノート)から徐々濃厚な香りに変わってくる(ミドルノート)(ラストノート)。