何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

福岡市の夜間のゴミ収集が話題

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160308-00010000-qbiz-bus_all

福岡市で生活を始めてまず驚くのは、ごみ収集のルールだろう。「ごみは日没から夜12時までに出してください」。市ホームページには、こう記されている。全国20政令市のうち、全市域で夜間収集を行うのは福岡市だけなのだ。出勤時、カバンを脇に抱えてごみ袋を持つ、朝のお父さんおなじみの光景は、この街ではお目にかかれない

夜間ゴミ収集の良い点

・朝臭くなくて、気持ちいい一日が迎えられる
・朝型のカラスが寝ている時間なので、ゴミが荒らされない
・朝の通勤時間帯に、交通渋滞を避けられる
・夜は家の中にいることが多いので、臭いもあまり気にならない
・マンションで、朝ゴミを持った人たちがエレベーターで集中することがない
・荷物が多い子どもの登園時に、ゴミを一緒に持って行かなくていい

夜間ゴミ収集の悪い点

・作業員の「オーライ」のかけ声に、「うるさい」と苦情が出ることもあった。しかし現在は、なんと車の後部に集音マイクを取り付け、作業員が運転手とやり取りしているそうです。

ゴミの分別は4種類のみ

・分別はおおざっぱだ。「燃える」「燃えない」「空きびん・ペットボトル」「粗大」の4分類しかない。リサイクルしやすいように細分化している都市も多いが、福岡市は「転入者が多いため、分かりやすいルールが必要」と判断。収集後に処理施設で9分類に選別している。
・不燃物は月1回しか収集しないので注意が必要だ。タイミングを逃すと、ベランダがごみスペースになりかねない。指定のごみ袋はスーパーなどで購入でき、袋に入らない粗大ごみは有料。

ゴミの収集の方法

・道が狭くてパッカー車が入れない地域や集合住宅を除き、一戸建て住宅は一軒ずつ、玄関先の路上に出されたごみを集める。その数、約24万カ所。「お年寄りや体が不自由な市民への配慮」というが、誰のごみか明確になるため、「不分別の抑止につながる」という。


朝ゴミがたくさんある中を通勤するのは確かにあまり気持ちいいものではないですからねー。 カラスがゴミをつまんでいるところを見るのはいやですし。
なので、夜にゴミを回収してくれるのはいいですね。

朝は時間がなくて忙しいけど、夜はどちらかというと余裕がありますし。 でも、ゴミを回収する人たちに負担がいかないか心配ですね。

あと、マンションのゴミ捨ての話ですが、
個人的にはゴミを出す時に、上の階から1階まで、ゴミを投げ捨てられるようなダストシュートボックスのようなものがあればうれしいですね。