何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

大事故が起こる予感!高速道路の最高速度120キロへ 警察庁引き上げ方針

↓高速道路の最高速度を120キロにする方針が決まったそうです。

警察庁は24日、現行で時速100キロとしている高速道路の最高速度について、安全性の条件を満たす区間に限り120キロへの引き上げを認める方針を決めた。来年にも静岡県と岩手県で引き上げの試行を開始する。実際に車が走っているスピード(実勢速度)と規制速度の隔たりを解消し、取り締まりへの理解を広げることが狙いだ。

最高速度引き上げの対象として想定するのは、

(1)見通しが良く設計上の想定速度が120キロである
(2)事故の発生が少ない
(3)実勢速度が100キロ以上
(4)渋滞の発生が少ない

などの条件を満たす区間。

試行は、静岡県の新東名高速道路(御殿場−浜松いなさジャンクション間約145キロ)と岩手県の東北自動車道(花巻南−盛岡南インターチェンジ間約31キロ)で行い、当初は110キロとすることを検討する。実施時期などは両県の公安委員会が決める。

もっと大きな事故が増える?

速度が上がれば、対向車線の車と正面衝突した時の衝撃はより大きくなります。事故が起きた時の被害も大きくなるので心配ですね。

カーブでは最高速度は上げないと思いますが注意が必要ですね。

直線といえども、人間の体は急に体調が悪くなることもあるので、注意が必要ですね。

高速での高齢者の逆走が増えていて、同じ車線で正面衝突する可能性も増えるので、心配ですね。

高速道路では、スピード感覚が麻痺して、居眠り運転の事故も多いので、注意が必要ですね。


なぜこのタイミングでという最高速度の引き上げですね。 ニュースでも車の事故は日々耐えず起こっていることを伝えており、自動車の自動運転技術もまだ追いついていない状況なので、心配ですね。