何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

体の免疫力を高める物質『リポポリサッカライド』:世界一受けたい授業【2016/04/02】

みなさんの周りにこんな人いませんか?

みんなと同じように生活しているのに、なぜか1人だけインフルエンザにかかってしまう人

なぜかしょっちゅう風邪気味の人

実はこの原因、免疫力の差にあったんです。

そして、この免疫力を高める物質が近年明らかになったんです。

リポポリサッカライド

リポポリサッカライド、通称LPS(Lipo poly saccharide)

免疫力を活性化させることで、風邪、インフルエンザや花粉症にまで効果が期待できる夢の物質。

免疫力の男女の差

女性ホルモンのエストロゲンには、免疫細胞の働きを高める作用がわかっており、

男性よりも女性の方が免疫力が強いと言われています。

平均寿命を見ても女性の方が長いのも、免疫力の強さが関係していると考えられる。

一方、男性は一般的に免疫力が弱いと言われており、

0歳から4歳までの死亡率を見ても男の子の亡くなる確率が高く

過去3年のインフルエンザの患者数を見ても、常に多いのは男性なんです。

マクロファージの活性化

リポポリサッカライドは、微生物の成分の1つで、

人間が自分の身体で作りだすことはできません。

そこで、リポポリサッカライドを含む食品を食べることにより、

リポポリサッカライドは、粘膜を通じて免疫細胞「マクロファージ」を活性化させます。

これがそのマクロファージ。

マクロファージは病気の原因となるバイ菌や異物を食べてくれるすごい細胞で、

普段は私たちの健康を守ってくれています。

しかし、不規則な生活やストレスなどで、マクロファージの働きが弱まると、病気になってしまうことがあるのです。

リポポリサッカライドはマクロファージを活性化させ、

常に臨戦状態にしてくれる働きがあります。

つまり、リポポリサッカライドを積極的に摂取することで、免疫力が高まり

病気になりにくい体をつくることができるのです。

糖尿病に効果あり

風邪やインフルエンザの予防以外に、花粉症の抑制効果もあると言われているリポポリサッカライド

男性に多い病気では糖尿病にも効果があると言われている

予備軍も含めると成人男性の約4人に1人が「糖尿病」に悩まされている

糖尿病は、慢性的に高血糖が続くことにより、

体内にあるAGEsという物質が大量にできる状態で、

これをリポポリサッカライドで活性化したマクロファージが退治してくれるのです。

骨粗しょう症に効果あり

一方、女性に多い病気では骨粗しょう症の予防にも効果があると言われている

患者のおよそ75%が女性である「骨粗しょう症」

閉経後のホルモンバランスの乱れや、加齢により、骨がスカスカになるリスクが高まると言われている

そもそも骨は自ら骨を削り、

新たに形成するなどして、

骨を維持している「骨サイクル」を行っているのですが、

これが崩れ維持できなくなるのが骨粗しょう症。

リポポリサッカライドは、この代謝に必要な細胞を活性化させることができるため、正常な骨サイクルが促進されるようになる。

美肌効果あり

さらにリポポリサッカライドは、肌に直接塗ることで、皮膚トラブルを改善する効果が期待できる

アトピー患者の腕の肌の場合、

肌が荒れカサカサな状態ですが、リポポリサッカライド入りクリームを塗ると1ヶ月後にはキメが細かくなり肌の改善が見られました。

肌の美しさと免疫は、密接に関係している。

アトピー以外にも肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進するため、美肌効果も期待出来る

リポポリサッカライドは別名「エンドトキシン」と呼ばれ悪者に扱われていた時期もあった。

しかし、近年口や皮膚から摂取する分には害がなかったことが判明し、

さらに様々な症状に対して良い効果が出ることがわかってきた

睡眠中はマクロファージの貪食能が高まるため、十分な睡眠は大切。

リポポリサッカライドを含む食材

純粋なリポポリサッカライドは一般には販売されていない。

多く取るにはリポポリサッカライドを含む食べ物を食べること

リポポリサッカライドを含む食材ベスト5

1位は「玄米」!

玄米の周りについているヌカは、リポポリサッカライドが多く含まれている

玄米ご飯1膳で、1日に必要なリポポリサッカライド量の半分以上を摂取可能

玄米以外にも、1食分のリポポリサッカライド量が高いものが、全粒粉のそば粉で作った十割そば

そば湯にも含まれている。